音楽ユニット、スキマスイッチの2人が22日、フジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜午前11時50分)に出演。ボーカル大橋卓弥(45)がユニット結成はキーボード担当・常田真太郎(45)の“陰謀”であったことを暴露した。

ユニット結成が今年で20年。番組MCハライチ澤部佑(37)から「結成は、あることがきっかけだったみたいな」と探るような目つきでツッコまれた。大橋は「元々、別々に活動していて、ボクも別にバンドやっていて、解散して、路上で、ストリートミュージシャンをやっていたんですね」と話し「渋谷の公園通りで歌っていた」と話すと出演者全員から「へぇ~」と歓声があがった。

大橋はその当時の路上演奏について「ちょっとお客さんが集まってくれるようになったんで、CDを作りたいな、と思って…買ってもらう用の」と話して「そのときにシンタくん(常田)がアマチュアのバンドやアーティスト相手にレコーディングしたりとか、アレンジしたりというのをインターネットで募集していた」と説明した。

さらに「昔から知り合いではあったので、お金もないから“知り合い価格”で安くやってもらえないかなぁ、と思ってCDをつくってもらった」と語り「で、勝手に彼の作品として売り込みにいっていた」と多少詐欺まがいの展開に隣で聞いていた常田は両目を固く閉じて左手で後ろ髪をかいた。会場では「えー」と驚きの声がこだまして、出演者からは「ヤバいよ、ヤバいよ」「そんなことやってるんスか?」などの疑念の声が飛んだ。当の常田は「アレンジやってますからね」と言い訳が出た。