昨年12月1日に左の腎臓全摘手術をしたキャスター小倉智昭氏(76)が22日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜午後5時)に、番組4000回スペシャルに登場した21年8月21日以来、2年半ぶりにゲスト出演。

一連の自民裏金問題について言及した。

「腹立ちますよね。今、我々は確定申告の時期で、どうやって節税しようかって考えるときに。キックバックがどうだとか、何十億のお金の使い道が分かりません? ふぜけるなっていう話でしょ」と一気にまくし立てた。

自民党の二階俊博元幹事長が政治倫理審査会に欠席することについては「たいしたこと言いませんよ、ほぼ覚えてませんとかね。本当にずうずうしいのにも程があると思う。辞めてもうらうしか、しょうがないんじゃない?」と強気に語った。

小倉氏は2016年(平28)5月、初期の膀胱(ぼうこう)がんを公表し、18年に膀胱を全摘出手術。22年10月、肺への転移が判明し、抗がん剤治療の影響で、腎臓に副作用が発現。昨年12月1日に左腎臓の全摘手術を行った。