お笑いコンビのオズワルド畠中悠(36)が23日、ニッポン放送「中川家 ザ・ラジオショー」(金曜午後1時)にゲスト出演し、相方伊藤俊介(34)の遅刻の言い訳にあきれた。

伊藤は飲み過ぎによる遅刻癖を指摘され続けてきたが、畠中は「年明けてからなかなかヒドくて」とさらに悪化していると報告。ある時は名古屋の劇場で公演があったが「名古屋で下りて駅で社員さんと待ち合わせだったんですけど、伊藤が来なくて。電話したら『あれ!? 今どこだ?』って言うんです」と振り返った。

畠中は「名古屋越えて京都まで行っちゃったのかと思って。『乗り過ごした?』って聞いたら『ゴメンゴメン、すぐ行くわ』って」。出番順は変わるものの、公演時間には間に合うと判断し伊藤の到着を待ったが「後々確認したら全然乗り過ごしじゃなくて、普通に東京の家にいたらしい。どう頑張っても間に合わないので、御園座で10分漫談やってあんまりウケずに終わったんですけど」とため息をついた。

また「すごいムカついたのが、電話した時に『ここどこだ?』って言ったのなんだったんだ。何を乗り過ごしたぶって。家にいるのに、家に決まってるじゃないですか。すぐバレるのにわけの分からないうそをつく」と伊藤の言い訳にあきれた様子。中川家の剛は「俺もいろんな言い訳してきたけど、『ここどこ?』はないやろ~」と伊藤をイジっていた。