歌手で俳優の大倉弘也(44)が1日、東京・池袋シネ・リーブルで映画「宮古島物語ふたたヴィラ 再会ぬ海」(上西雄大監督)の初日舞台あいさつに出席した。

大倉はライター役で出演。そこに泊まると会いたい人に再会できるヴィラの設定に、2014年(平26)に62歳で亡くなった歌手で俳優の父ジョニー大倉さんの名前を挙げて「再会できたら、上西監督の映画で共演してみたいですね」と話した。

主演俳優でもある上西雄大監督は「宮古島の海の青と空の青。そこに、別れの悲しみを消す救いの出逢いを描いた作品が一人でも多くの方に届き、心にこの映画の主題歌が心地よく流れる事ができましたら本当に幸せです。是非劇場でお受け取り下さい」と話した。

マドリード国際映画祭2023で最優秀賞、最優秀主演男優賞(上西雄大)を受賞している。

前作「宮古島物語ふたたヴィラ」はミラノ国際映画祭2021で、外国語映画最優秀男優賞と外国語映画最優秀作品賞を受賞。マドリード国際映画祭2022で最優秀賞、最優秀女優賞を受賞した。俳優で実業家の柴山勝也と、配給・監督・プロデューサーを務める上西雄大が再びタッグを組んだ。古川藍、徳竹美夏、ルビー・モレノ、松原智恵子、賀集利樹、筒井巧、優木千央、春田純一、佐々木勝彦、奈美悦子、村田雄浩、笹野高史が出演している。