女優長澤樹(18)が2日、初主演映画「愛のゆくえ」(宮嶋風花監督)の初日舞台あいさつに、窪塚愛流(20)と登壇した。

長澤は「今日という日を迎えられて本当に幸せです。待ってましたという思いでいっぱいです」と感慨を込めた。窪塚は北海道での撮影であんパンにハマったとし「北海道のあんパンは本当においしい。助けられました」。イベント後半には板尾創路も登壇。宮嶋監督が評価を受けた沖縄国際映画祭で審査員を務めた縁があり、エールを送った。