カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ「GTOリバイバル」(4月1日午後9時)制作発表が2日都内で行われ、主演の反町隆史(50)岡崎紗絵(28)ら出演者が登壇した。

大ヒット作26年ぶりの復活に、反町は「今復活したら鬼塚がどんなメッセージが送れるのか興味を持った」と復活の経緯を説明。今作は小栗旬、窪塚洋介ら“教え子”との再共演も見どころの1つで「本当に26年ぶりだったので不思議な感じ。出てくださって感謝しています」。会見終了の約6時間後には、東京ガールズコレクションのステージに、おなじみの主題歌をバックにサプライズ登場。「すてきなドラマになったのでぜひ見てください」と呼びかけ、観客に“グレートな”存在感を示した。