乳がん闘病中のお笑い芸人だいたひかる(48)が、2日までに公式ブログを更新。治療や通院が2029年まで続く予定であることを明かし、「頑張らないとなぁと思っています」とつづった。

だいたは1日、「今回は数値も下がり一旦ホッとした次第です」と再検査の結果を報告し、「ただまだ油断は出来ずに、今まで三ヶ月に一回だった検診が…一ヶ月に一回となりましたが、健康第一なので病院通い頑張ります!」と現在の治療の状況を明かした。

同日、再びブログを更新。「治療や通院が2029年までの予定で、まだまだ続きますが…その頃息子は7歳」と長男の写真を公開し、「ランドセルを、背負っている姿を見るのを目標に…頑張らないとなぁと思っています」と今後の治療に意気込みを示した。

だいたは16年12月、乳がんにより右胸を全摘出したことを公表した。19年に乳がん再発、翌20年には骨頭壊死(えし)と診断されたことを公表した。