宮崎県知事も務めた元衆院議員の東国原英夫氏(66)が、2日放送のカンテレ「LIVEコネクト!」(土曜午前11時20分)に生出演し、ドジャース大谷翔平選手(29)の結婚発表について言及した。

この日の番組では、大谷選手の結婚発表を受け、日本ハム時代の恩師で侍ジャパン前監督の栗山英樹氏(62)と、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(51)の祝福コメントについて紹介。

栗山氏は「結婚で集中できる環境が整い、さらに前に進んでいけるのではないでしょうか。奥さんは大変だと思いますが、くれぐれも翔平のことをよろしくお願いします、とお伝えしたいです」などとコメント。

一方、ロバーツ監督は「私もみんな同様驚いたよ。とても喜ばしいことだ。結婚祝いのプレゼントは(発表が)サプライズだったので、考える時間がなかったが何かいいものを考える」などと、事前の報告は受けていないことを明かしていた。

番組MCの石井亮次(46)が、「どうも栗山さんにはマスコミ発表の前に報告をしていたそうですね」と投げかけると、東国原氏は「(大谷選手が)去年婚約したとおっしゃっていましたよね。その時には誰にも言っていないってことだよね。付き合ってるとか、そういうのは誰にも言っていない。家族ぐらいしか知らなかったってことだよね。すごくないですか?」と、大谷選手の徹底した情報管理に改めて驚いた。

松嶋尚美(52)は、大谷選手のFA移籍交渉の際、ロバーツ監督が大谷選手と面談したと認めていたことを引き合いに、「1人に言ったら絶対バレちゃうもんね。ロバーツさんは危ないやん。うそつけないから」とツッコミ。これには石井アナも「打順とかすぐに言っちゃうから…」と笑った。

大谷選手が結婚を発表した直後には、お笑いタレント・ゆりやんレトリィバァ(33)が、Xに「ご報告」と左手の薬指に指輪を着けている写真を投稿し、「まさかお相手では」と話題に。ゆりやんはその後「緊急会見」と銘打ったインスタグラムでのライブ配信で、「爪切りました」と“報告”してオチをつけていた。

東国原氏は、「僕はあの写真だけ見て、信じちゃったんですよ。(大谷選手の)結婚のタイミングで(ゆりやんが)『実は…』って言ってたから、ダブルで驚いて…」と、ゆりやんが大谷選手の結婚相手だと一瞬信じてしまったことを打ち明け、「返せ! 俺の感動を返せ!」と訴えて笑わせていた。