お笑いコンビのFUJIWARA藤本敏史(53)が1日までにコンビの公式YouTubeチャンネル「FUJIWARA超合キーン」に出演。活動休止中に見ていたテレビ番組を明かす場面があった。

藤本は昨年10月、東京・渋谷の交差点で当て逃げ事故を起こし、当面の間芸能活動を自粛。先月23日に活動再開を発表。この日更新された動画「FUJIWARAサシトーク」に相方原西孝幸(52)と登場し、改めて「本当に迷惑をかけたなと、いろんな方に」と謝罪していた。

約13分の動画の最後には「おまけ」シーンが登場。藤本は活動休止中、「ほぼテレビ見てないのよね」と切り出しつつも「あれ見たな。ノンフィクションの、結婚相談所の。今の婚活事情みたいな」と明かし、フジテレビ系「ザ・ノンフィクション」の「結婚したい彼と彼女の場合 令和の婚活漂流記2024」(2月4日に前編、同11日に後編)を見ていたことを明かした。

突然の告白に原西から「お前にも当てはまるけどね。あなたも活用するべきですね」とツッコミが入った。

「結婚したい彼と彼女の場合 令和の婚活漂流記2024」は東京・青山の婚活アドバイザー助言を受けながら、結婚相談所で歩みを進めていく未婚の男女が主人公。番組内では建設器メーカー勤務の29歳男性、バツイチ55歳男性や、二重まぶたに整形した30代女性が登場する。男性2人は顔出しで、振られるシーンを世に晒しながらも、前向きに歩みを進めていく姿が共感を呼んでいた。