お笑いコンビ、くりぃむしちゅー有田哲平(53)が、4日放送のTBS系「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ」(月曜深夜0時58分)に出演。漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」について語った。

番組では平成ノブシコブシ徳井健太を相手に「M-1」についてトーク。有田は「これが1つの風物詩となってすごく楽しくて、あの日は1日M-1グランプリの日じゃない?」と大会が国民的な関心事になっていると説明し、「仮にその日たまたま仕事がないお笑い芸人は、昼から楽しむわけよ。それくらい大きな風物詩になったから、だからこそ年明けてポカンとしちゃうよね。『しばらくいいわ、対決は』みたいな。年明けたらただただ笑おうみたいな空気になるよね。しかも変な人みたいよね」と話した。

さらに「だから大体1月に出てくるの、いつも。M-1終わって『おもしろ荘』とかで“ラッスンゴレライ”とか出てくる。構造上ね」と語り、「めちゃくちゃ構成の鋭い、天下を取るようなM-1グランプリを見た後にエド・はるみみたいなのがポンと出てきて、なんか力抜けて笑っちゃうみたいな。やす子とかもそうだよね? あの番組だもんね」とM-1の緊張感が見る側に与える影響を分析した。

有田は「何かで勝って優勝とか、すごいネタ作ったよねとかそういうことじゃない、お前面白えな!みたいなやつが出てくるのよ。歌ネタとかリズムネタとか」とも話し、「それはM-1という風物詩が作った影響だと思う」と自身の考えを語った。