元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(56)が5日、火曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜午後5時)に生出演。休養明けで、2週間ぶりの番組出演となった。

北斗は自身のブログを通じて「少し長めのお休みをいただきます」と報告していた。番組では冒頭、フリーアナウンサーの垣花忠らから「お帰りなさい」と声をかけられた。北斗は「お帰りなさいって、本当、1週だけ休ませていただいただけなんだけど、なんかあちこちから連絡を頂いて。私のブログの書き方が悪かったのかな。私が死ぬみたいな扱いで」と想像とは違った反響に驚いたという。

続けて「私たちにとって10日間休ませてもらうって結構長いじゃない? こういう仕事をしていると。少し長い休みをするんで、ブログとかあげられない時もあると思うんですけど、って書いて」といい「それとは別に『死ぬ前に後悔する10の言葉』じゃないけどそういうのを読んで、すげーなと思って。死ぬ前に、働きすぎたとか、なんでもっとおいしいものを食べなかったとか、なんで行きたいとこに行かなかったんだろうとか。そういうのを死ぬ前に後悔するっていう本を見ちゃったの。それを書いちゃったもんだから、一緒に。そしたら私が死ぬみたいになってる!」と笑って話した。

さらに「某芸能人の人から『北斗さん頑張ってください、応援してます』ってなんでお前に応援されなきゃいけない。おかしいなって」と続けて、笑いを誘った。