タレント小倉優子らが所属していた芸能プロダクション「アバンギャルド」(東京都目黒区)が06年12月期までの3年間に約11億5000万円の所得を隠し、約3億4000万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反容疑で同社と牧野昌哉社長(41)を東京地検に告発したことが12日、分かった。

 関係者によると、アバンギャルドは、撮影協力費などの名目で架空経費を計上する手口で脱税した疑いが持たれている。決算期の異なる複数の関連会社との間で、架空の経費を支払う形で利益を循環させ、それぞれの決算期に所得額を圧縮したという。

 アバンギャルドは当時、小倉らの所属先が実際は自社だったのに、実態のない関連会社が抱えているように見せ掛け、隠した所得を関連会社の口座に預金し管理していたとされる。アバンギャルド側は「社長が不在のため詳しいことは分からない」としている。

 信用調査会社などによると、アバンギャルドは92年1月に設立。小倉のほか、真鍋かをりらが所属していたが、昨年3月に別の芸能プロダクションに統合され、小倉らも移った。

 [2009年1月12日20時15分]ソーシャルブックマーク