日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

海老蔵に付いた民暴のカリスマ深沢弁護士

日記を書く

会見で深沢弁護士(左)の話を聞く海老蔵。右は迫本松竹社長
会見で深沢弁護士(左)の話を聞く海老蔵。右は迫本松竹社長

 全治2カ月の大けがを負った歌舞伎俳優市川海老蔵(33)に強力助っ人が付いた。暴力団関連の事件に多くかかわり、カリスマ民暴弁護士の異名を持つ深沢直之弁護士だ。日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会委員長などを長く務め、日本プロ野球暴力追放中央協議会顧問にも就任。最近は暴力団との付き合いを根絶する日本相撲協会が立ち上げた「ガバナンス(統治能力)の整備に関する独立委員会」のメンバーとなり、反社会勢力との関係根絶などで力をふるった。今回も逮捕状の出ている男は暴力団などの組織と関係しているとみられ、深沢弁護士が海老蔵を裁判も含めてサポートする。

 会見中、海老蔵は時折、深沢弁護士に顔を寄せて助言を求めた。質問には海老蔵が答えたが、携帯電話の行方については深沢弁護士が「警察が保管しており、現在それを解析中です」と明かした。

 また、事件当日の詳細について質問が相次ぐと、語気を強くして訴えた。「彼は被害者で、出頭もせず、逮捕状が出ている人が加害者。彼は役者であって、逮捕状が出ている人は元暴走族。彼は1人で相手は複数人。マスコミは26歳の男の関係者という人たちからあれこれコメントを取り上げている。明らかに違うところは被害者対加害者だということ。よくご認識いただきたい」。その姿を海老蔵は頼もしそうに見つめていた。

 [2010年12月8日12時31分 紙面から]


関連ニュース




キーワード:

市川海老蔵

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  「海老蔵と会ったことない」香里奈きれい - 芸能ニュース
  2. 2  海老蔵無期限謹慎「猛省せよ」と松竹社長 - 芸能ニュース
  3. 3  田代まさし手震えろれつ回らず初公判 - 芸能ニュース
  4. 4  海老蔵「殺される」と逃げ帰った先は麻央 - 芸能ニュース
  5. 5  海老蔵おわび反省涙目充血眼そして反論 - 芸能ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです