「体調管理も仕事のうち」とは言うけれど、いつ何時、何が起こるかわからない。大病を患ってしまったり、事故に遭ってしまったり。気をつけてはいても、長期入院しないといけなくなる可能性だってある。

病気やケガで働けなくなって、収入が減ってしまったとき、あなたならどうしますか?治療費は医療保険でカバーできるけれど、治療期間中の生活費をどうするか…。住宅ローンや子どもの教育費の支払いは続くうえに、家事代行サービスなどに頼らないといけない場合もあるかもしれない。こんなとき、生活費をどうするか、考えたことはありますか?

給料のように生活費をサポート「働けないときの安心」

働けなくなったときの生活費を毎月の給料のようにサポートするのが、アクサダイレクト生命の「働けないときの安心」だ。病気やケガなどで働けなくなった時(※1)のために備える保険(就業不能保険)で、うつ病などの精神疾患や、治療が長引くがんなどにも対応している。

収入や職業に合わせて、2つのプランから選択可能。働けなくなったときに、最長1年6カ月間は傷病手当金を受け取ることができる会社員や公務員は、「ハーフタイプ」がオススメ。受給開始日から一定期間の給付金を半額にすることで、保険料を抑えることができる。一方、傷病手当金を受け取ることができない自営業や主婦(主夫)は、受給開始日から給付金を満額受け取ることができる「満額タイプ」が安心だ。

お手頃な保険料で家庭の負担を抑えることができ、シミュレーションや申込はインターネットで簡単操作。自分のために、家族のために。「働けないときの安心」で、働けなくなったときの収入減少に備えませんか?

興味のある人はWEBサイトをチェック。

※1:病気やケガで働けない状態とは、(1)治療を目的とした入院(2)医師の指示による在宅療養(3)国民年金法施行令に定める障害等級2級以上に認定された状態をいう(精神疾患を直接の原因とするものを除く)。

【提供】アクサダイレクト生命保険株式会社