民進党の蓮舫代表は18日、東京・銀座で街頭演説し、「自分たちに都合がいい法案なら、議論もせず、大臣の答弁がどんなにいいかげんでもさっさと強行採決する」と、「共謀罪」法案を禁じ手の中間報告で強行成立させた与党や安倍政権の政治手法を、批判した。

 加計問題にも触れ「『総理のご意向』『官邸の最高レベルが言っている』は、推理ドラマの話ではなく、実際に総理官邸から発せられたメモだ」と指摘。「資料は出さず、調査もしないが個人攻撃はする政府に『共謀罪』を与えたらどうなるか」と危機感を示し、「隠し続ける政治とは、しっかり戦う」と決意を示した。