自民党の豊田真由子衆院議員(42=埼玉4区)は22日、秘書への暴力行為などを一部週刊誌が報じたことを受け、事務所を通じて党本部に離党届を提出した。告示日が23日に迫る東京都議選への影響を懸念する執行部が、速やかな離党届提出を促し、豊田氏が所属する細田派幹部が対応を協議していた。

 党幹事長室によると、離党の理由は「一身上の都合」としている。

 豊田氏は、厚生労働省課長補佐などを経て2012年の衆院選で初当選し、現在2期目。15年10月から16年8月まで文部科学・内閣府・復興政務官を務めた。自民党は、過去2回の衆院選で「追い風」に乗って当選した若手議員による不祥事が相次いでいる。

 今週発売の「週刊新潮」によると、豊田氏は5月、運転中の男性政策秘書(当時)に後部座席から罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってけがを負わせたとされる。周辺によると、豊田氏はその後、本人に直接謝罪した。(共同)