秋田区検は26日、交際中の女性を殴って負傷させたとして、傷害などの罪で秋田県警能代署の池端綾巡査長(28)を略式起訴した。

 秋田簡裁は同日付で罰金50万円の略式命令を出した。

 県警は26日、停職3カ月の懲戒処分とし、巡査長は自主退職した。

 県警などによると、6月30日、能代市内のアパートで交際中の20代の女性を殴ったり蹴ったりして全治2週間のけがを負わせ、包丁を突きつけて「殺してやる。死ねばいい」などと脅した。

 無料通信アプリLINE(ライン)のメッセージに女性が返信しないことに腹を立てたと供述していた。(共同)