栃木県警は5日、酒を飲んで車を運転し物損事故を起こしたのに申告しなかったとして、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)の疑いで、下野署地域課の巡査長大井啓容疑者(32=宇都宮市横山)を逮捕した。

 逮捕容疑は4日午前2時半ごろ、宇都宮市横山1丁目の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転しブロック塀や電柱に衝突したのに届け出なかった疑い。

 県警によると、目撃した通行人が110番。呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。大井容疑者は当初「運転していない。代行を頼んだ」と否認していたが、その後認めた。

 「宇都宮市内の居酒屋で同僚2人と飲酒していた」とも供述しており、県警は大井容疑者が車で帰ることを同僚が知っていたか調べる。

 北村修首席監察官は「誠に遺憾で、おわび申し上げる。事実関係を調査し、厳正に対処する」とコメントした。(共同)