大阪府警南署は9日、女性の下着を盗撮しようとしたとして府迷惑防止条例違反の疑いで、島根県立出雲養護学校の教諭渡部親司容疑者(54)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、9日午後2時20分ごろ、大阪市中央区難波3丁目の交差点で、10代の女子大学生のスカート内にビデオカメラを向けた疑い。「下着を撮影したかった」と容疑を認めている。

 南署によると、信号待ちをしていた大学生の後ろに立ち、カメラを入れたカバンを路上に置き、足で挟み込んで撮影。付近を警戒中の署員が行動を不審に思い、取り押さえた。カメラには他にも女性の下着を撮影した動画があったという。

 島根県教育庁学校企画課の福間俊行課長は「事実を確認した上で、厳正な処分を行う」としている。(共同)