11年の東京電力福島第1原発事故直後の高濃度汚染水を処理した際に出た汚泥と廃液計約600立方メートルが、敷地内の海抜が低い場所の建屋地下に6年間も保管されていることが9日、分かった。

 再び津波が襲来すれば高濃度の放射性物質が外部に漏れ出す恐れがあり、高台への移送が急務だが、高い放射線量が障壁となり東電の対応は後手に回っている。問題の汚泥と廃液は、仏・アレバ社製の処理装置で11年6~9月、約7万6000トンの汚染水を処理して発生。1京ベクレルもの放射性物質が含まれると推計されている。これらが1~4号機の原子炉建屋などと同じ海抜10メートルのエリアにある「プロセス主建屋」地下階の貯槽(鉄筋コンクリート造り)にためられている。