自宅マンションで姉(56)を包丁で刺したとして、警視庁高輪署は12日、殺人未遂の疑いで東京都港区高輪2丁目に住む職業不詳の男(52)を現行犯逮捕した。

 高輪署によると、刺されたのは近くに住む、厚生労働省のキャリア官僚で、関東信越厚生局長北島智子さん。搬送先の病院で死亡した。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 逮捕容疑は12日午前5時15分ごろ、自宅マンションの一室で、北島さんの腹部を包丁で刺すなどした疑い。

 男は、10代の子ども2人と男の母親の4人暮らしで、長女が「父がおばを包丁で刺した」と110番した。高輪署は事件の経緯を調べている。

 北島さんは1986年に埼玉県に入庁し、88年に旧厚生省入り。保健や福祉分野の担当が長く、山梨、青森県庁での勤務や新潟県副知事、環境省環境保健部長、厚労省生活衛生・食品安全部長などを経て、今年7月から現職。(共同)