「カバゴン」の愛称で親しまれた教育評論家の阿部進(あべ・すすむ)氏が10日午前3時38分、胃がんのため横浜市金沢区の横浜市立大病院で死去した。87歳。横浜市出身。葬儀・告別式は14日午前11時半から横浜市金沢区釜利谷東2の13の12、セレモホール金沢文庫で。喪主は長男昌浩(まさひろ)氏。

 川崎市の小学校で教員を務めた後、教育評論家に。テレビや、TBSラジオ「全国こども電話相談室」の回答者などで活躍した。「現代っ子」という言葉の生みの親としても知られる。放課後の子どもの居場所づくりにも力を入れた。著書に「現代子ども気質」など。(共同)