自宅でアロマセラピーや香りを楽しむために使うアロマオイルを、乳幼児が誤飲する事故が相次ぎ、過去6年間で少なくとも12件あったことが12日、消費者庁への取材で分かった。死亡例はないものの、けいれんや嘔吐(おうと)、下痢などの中毒症状が出る恐れがある。

 同庁消費者安全課の担当者は「香りが強く、大人が使っているのを見ると、子どもは興味を引かれやすい」として、子どもの手が届かない場所に保管するよう呼び掛けている。

 消費者庁が各地の30医療機関からの情報を集計し、判明した。誤飲したのはいずれも0~2歳の乳幼児で、入院例は1件。「引き出しに保管してあったアロマオイルの瓶を0歳の男児がなめていた。口からラベンダーのにおいがした」、「空気清浄器に使うアロマオイルが減っており、近くで0歳の男児がせき込んでいた」という報告例があった。

 中毒が専門の内藤裕史筑波大名誉教授は「植物の成分を濃縮した精油は作用が強く、量によっては致死量に至ることがある」と警鐘を鳴らす。「精油は肺に入りやすい特徴もある。飲んだ量が少なくても、子どもの様子がおかしければ診察を受けて」と話している。(共同)