広島県の田中剛医療・がん対策部長が12日に広島市であった講演会で「北朝鮮が広島県にミサイルを落とさない限り、人口構造は変わらない」と発言していたことが14日、県への取材で分かった。県は不適切発言として、田中氏を口頭で厳重に注意した。

 県によると、田中氏は12日夜に広島市内で開かれた医療関係者向けの講演会で、医療介護制度について述べる中、少子高齢化の現状が変わらないことを示すために例として用いた。田中氏は「例えとして不適切なものを使ってしまった」と話している。

 田中氏は厚生労働省からの出向。県は「県民、特に被爆者に対し配慮を欠いた発言で不適切だ。今後は指導を徹底する」としている。(共同)