希望の党代表の小池都知事は4日、都庁で報道陣の取材に応じ、衆院選後の安倍首相との連携の可能性を問われ「私たちはあくまでもチャレンジャーだ。安倍政治ではでき得ないことを訴える」と述べた。

 一方、安倍氏以外が自民のトップになった場合は「それはやってみないと、どなたがなるのかも選挙の結果次第」と含みを残した。希望の党が「第2自民党」だとの指摘があると問われると「第2どころか第1を目指したい。新しい保守政治という観点だ」と語気を強めた。