安倍晋三首相は衆院選公示の10日、福島県福島市の山あいで第一声を上げた。

 2020年東京五輪の野球、ソフトボールの会場の1つとなった県営東球場近くの山あいの水田前に立った東日本大震災後の国政選挙の遊説を福島からスタートしている安倍氏は「なぜか。当時の民主党政権、復興がなかなか進まなかった。取り返しが付かない。1日も早く政権を奪還しなれば。それが原点だからだ」とあいさつ。「厳しい戦いだがお力を結集し、誰が復興を進めることができるのかの戦いです」と自民候補への支援を求めた。

 福島駅から約12キロの演説場所周辺では朝早くから警察官の警備が行われた。

 集まったのは地域の自民党支持者ら約300人。最近の街頭演説でみられるような激しいヤジはなく、平穏な衆院選遊説スタートとなった。