神奈川県大井町の東名高速道路下り線で6月、大型トラックがワゴン車に追突して静岡市の夫婦が死亡し、娘2人が負傷した事故で、ワゴン車の進路をふさいで事故を誘発したとして県警に逮捕された石橋和歩容疑者(25)が、この約1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3件の同様の進路妨害行為をしていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、石橋容疑者は5月8日夜、下関市の一般道を運転中に急減速。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停止させ、窓をたたいた。翌9日未明には、追い越そうとした車の進路を妨害して止めさせ、運転席のドアを蹴った。

 同9日朝には追い越そうとした車に自分の車を寄せて接触させた。この事故で山口県警が自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検し、起訴猶予処分になった。

 石橋容疑者が東名高速道の事故で「注意され、きれて夫婦の車を追い掛けた」と供述していることも判明。神奈川県警は、現場から約1・4キロ手前の中井パーキングエリア(PA)で、石橋容疑者が駐車位置を巡りワゴン車の萩山嘉久さん(45)から注意されたのを逆恨みしたとみている。

 県警によると、石橋容疑者はPAから出た一家の車を追い掛け、何度も車線変更して進路をふさぎ、追い越し車線で停車。車のドアを開けさせ2列目の席にいた萩山さんの胸元をつかんで車外に引きずり降ろそうとしたとみられる。

 事故は6月5日夜、大井松田インターチェンジ付近で発生。萩山さんの妻友香さん(39)が運転していたワゴン車に大型トラックが追突、夫婦が死亡した。県警は12日、石橋容疑者を送検した。(共同)