人気漫画「北斗の拳」などの原作者として知られる武論尊(本名岡村善行)さん(70)が13日、出身地の長野県佐久市で来年4月に開講する「武論尊100時間漫画塾」の講師予定者を発表した。「タッチ」の作者あだち充さんや「釣りバカ日誌」の原作者やまさき十三さんら12人で、今後も増える予定。

 自ら交友のある漫画家や編集者に声を掛けたという。武論尊さんは「初めは皆驚いていたが『怒らせたらまずい、付き合うか』ということで引き受けてくれた」と冗談を交えながら「とにかく漫画が好きな、情熱のある人に来てほしい」と呼び掛けた。

 漫画塾は、15歳で佐久市を離れた武論尊さんが「故郷のため、自分は漫画で何かしなければ」と企画した。来年4月から1年間、市内の佐久平交流センターで20回開催。各回5時間、プロの漫画家や原作者を志望する30人に技術や漫画論を伝える。受講料は無料。

 来年1月15日申し込み締め切りで、受講生を募集している。問い合わせは銀杏社「武論尊100時間漫画塾」係。03(3942)0260。(共同)