17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市)に所属するUH60J救難ヘリコプターが、同基地の南約30キロの海上でレーダーから消え、連絡が取れなくなった。周辺海域でドアや燃料タンクなどの部品が見つかり、小野寺五典防衛相はヘリが墜落したと判断した。浜松救難隊の4人が搭乗しており、空自の航空機や海上自衛隊の艦艇が捜索、乗員の発見を急ぎ、詳しい状況を調べている。第3管区海上保安本部(横浜)も対策本部を設置し、捜索する。

 空自によると、浜松救難隊は事故を起こした航空機のパイロットらの捜索、救助を主な任務としている。この日も暗視装置を使って夜間の救難訓練をするため、午後5時50分ごろに浜松基地を離陸し、約10分後にレーダーから機影が消えた。

 ヘリに乗っていたのは機長の花房明寛3等空佐(42)と副操縦士、機上整備員、救難員の4人。

 小野寺防衛相は17日夜、報道陣に対し「現場周辺から航空自衛隊と書かれたドアが見つかり、墜落したと判断せざるを得ない」と話した。青い燃料タンクやタイヤ、担架なども見つかった。救難信号は確認されておらず、緊急事態を示すやりとりがあったとの報告は受けていないという。

 今年に入って自衛隊機の事故が続いており、5月に北海道北斗市の袴腰山付近で陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が大破し、乗員4人が死亡。8月には青森県沖で海自哨戒ヘリが墜落し、3人が行方不明となった。

 今回と同型のUH60J救難ヘリを巡っても、3月に空自の秋田救難隊(秋田市)に所属する機体が訓練中、異常を知らせる警報が鳴り、秋田空港に緊急着陸した。(共同)