マンションの一室から現金約3800万円入りの金庫を盗んだとして、警視庁練馬署は18日までに、窃盗と住居侵入の疑いで、いずれも風俗店従業員の冨永将弘容疑者(33)と川名翔容疑者(28)を逮捕した。

 同署によると、2人は「身に覚えがない」と容疑を否認している。逮捕は17日。

 逮捕容疑は4月26日午前3時ごろ、東京都練馬区のマンション2階で、玄関ドアをバールでこじ開けて侵入し、住人の30代男性らの現金や預金通帳が入った金庫を盗んだ疑い。当時、部屋は無人だった。

 練馬署によると、マンションの管理人が「ドアが壊されている」と110番。冨永容疑者らは男性の知人で、事件当時は都内に住んでいた。金庫は重さ約60キロで、2人がマンション内で運ぶ姿が防犯カメラに写っていた。(共同)