神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、1人に対する死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が「殺害した9人にカップルもおり、その女性を8月下旬に最初に殺した」と供述していることが1日、警視庁高尾署捜査本部への取材で分かった。

 捜査本部や捜査関係者によると、白石容疑者は女性の殺害後、交際相手の男性から安否を尋ねられ、「このままでは警察に疑われると思い、自宅に招いて殺害した」と供述していることも判明。9人は20歳くらいの男性1人と、女性8人とみられ、「10代後半が4人、20歳ぐらいが4人、20代後半が1人」と話している。捜査本部は身元の確認を進める。

 捜査関係者によると、殺害時期については「8月に1人、9月に4人、10月に4人」と説明しているという。

 白石容疑者とカップルの女性はツイッターを通じて出会ったとみられ、男性も交えて3人で1度食事したことがあった。

 捜査本部や捜査関係者によると、白石容疑者は一部の女性について「乱暴目的で襲った」とし、「金を奪う目的もあった」と供述。事件前の6月ごろには、父親に「生きていても意味がない」「何のために生きているのか分からない」と話しており、事件との関連を調べる。捜査本部は1日、白石容疑者を送検した。

 白石容疑者は「9人とはツイッターを通じて知り合い、自殺を手伝うと伝えて自宅に連れ込み殺害した」「最初は遺体の損壊に3日かかったが、2人目から1日でできるようになった」と説明している。

 白石容疑者は「自宅の浴室で損壊した」と供述。自宅の間取りはワンルームで浴室は手狭なユニットバスだが、捜査本部は刃物などを使って遺体を損壊し、クーラーボックスなどに隠匿していたとみて、詳しい状況を調べている。

 白石容疑者はアパートに引っ越してきた8月22日から、わずか2カ月余りの間に計9人を殺害したと供述。室内にあったクーラーボックスなどは計八つで、うち七つに頭部や、腕や脚とみられる骨が入っていた。

 全てのボックスにはネコのトイレ用の砂のようなものが入れられており、臭いを隠して発覚を免れる目的だったとみられている。(共同)