神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が最初に殺害したとする神奈川県厚木市の女性を「いつでも部屋へ遊びに来ていい」と誘っていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、女性は三浦瑞季さん(21)。8月19日に口座から引き出した約50万円を、アパートを契約する白石容疑者に渡し、一緒に不動産会社を訪れたという。その後のはっきりとした足取りは、確認できていない。

 警視庁高尾署捜査本部は、女性が白石容疑者の自宅を訪れた詳しい経緯を調べている。

 白石容疑者は女性とツイッターで知り合ったといい、同13日には、女性の知人で、同じく殺害されたとされる同県横須賀市男性(20)も交えた3人で一緒に公園で飲食した。女性の携帯電話は同24日、同県の小田急線片瀬江ノ島駅周辺で見つかった。(共同)