希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日の両院議員総会で、代表辞任の意向を表明した。「代表の座を降りて皆さんをサポートしたい。玉木雄一郎共同代表にこの後を任せたい」と述べ、了承された。幹事長に古川元久衆院議員を起用するなど新執行部を承認した。小池氏は先の衆院選が不振に終わり、求心力が低下。都政に専念する考えに傾いたとみられる。「一枚看板」の小池氏が退くことで、希望の党運営が不安定化する可能性がある。

 総会終了後、小池氏は辞任について「玉木執行部が船出するのを見届け、創業者としての責任をひとつ終えた」と記者団に強調。「決断したのは、新執行部の体制が固まった段階だ」と述べた。

 希望は9月25日設立。衆院選で政権交代を視野に定数の過半数(233議席)を上回る235人を擁立した。小池氏は消費税増税の凍結などを公約に掲げ、安倍晋三首相(自民党総裁)への対決色を前面に出した。

 しかし民進党との合流を巡り、安全保障政策や憲法観の一致を求め、政策や理念が合わない候補者を選別する「排除の論理」を展開。民進党出身者の公認に関し「『全員を受け入れる』ことはさらさらない」と述べた。民進党のリベラル系議員が反発し、立憲民主党を設立する契機となった。

 衆院選では小池氏の発言への批判が高まる一方、立憲民主党が支持を拡大。希望は公示前の57議席を下回る50議席にとどまり、立憲民主に野党第1党の座を許した。選挙後、小池氏は「おごりや慢心があった」と謝罪した。共同通信社の11月の世論調査で政党支持率は5・7%にとどまった。

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で「政府としてコメントは控えたい」としつつ、都知事と国政政党代表との兼任は難しいとの見方に「常識だ」との認識を示した。(共同)