大阪市内の集合住宅で2013年、私服警察官を装い、身体検査とうそをついて12歳の中学生だった少女の胸を触るなどしたとして、大阪府警捜査1課は14日、強制わいせつなどの疑いで同市平野区平野西、塗装工森川昌治容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は13年11月18日午後8時55分ごろ、少女に声を掛けて集合住宅の階段の踊り場に誘い込み、わいせつな行為をした疑い。捜査1課によると、森川容疑者は「やっていない」と否認している。

 「夜も遅いから、危ないものを持っていないか、検査してもいいかな」などと声を掛けたとみられる。体を触る際、ゴム手袋を着用していた疑いがある。

 大阪市内では、集合住宅で小中学生に声を掛けて体を触るわいせつ事件が13~14年に複数あり、捜査1課が関連を調べる。防犯カメラ映像の解析などから同容疑者が浮上した。(共同)