住宅に侵入して現金などを盗んだとして、神奈川県警中原署は14日、窃盗の疑いで、住所不定、無職南篤司容疑者(46)を逮捕した。

 中原署によると、南容疑者はかつて、雨水管などを伝って中高層マンションを狙う特徴的な手口から、捜査員の間で「ムササビ」と呼ばれていた。今回は、マンション1階の掃き出し窓から、窓ガラスを割って侵入していたという。

 逮捕容疑は、10月17日午後5時から午後6時半ごろ、横浜市港北区日吉7丁目の男性団体職員(62)宅に入り、現金約6万円などを盗んだ疑い。(共同)