宮崎北署は22日、宮崎市で女性店員にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの内野手、李昌烈(イ・チャンヨル)容疑者(26)を逮捕した。李容疑者は試合や秋季キャンプのため10月から宮崎に滞在していた。容疑を否認しているという。

 署によると、李容疑者は11月2日の練習後、現場となった宮崎市内の大型商業施設に数人の仲間と立ち寄ったとみられる。女性店員は李容疑者と面識はなく、接客中に被害を受けたとされ、翌3日に署に相談。防犯カメラの映像などから李容疑者が浮上したという。

 逮捕容疑は2日午後7時50分ごろ、市内の大型商業施設内で20代の女性店員に無理やり抱きつき、キスや胸を触るわいせつな行為をした疑い。(共同)