東京駅の入場券を渡して、新幹線のキセル乗車を手助けしたなどとして、警視庁保安課は24日までに、電子計算機使用詐欺の疑いで、無職山本孝太郎容疑者(35=住所不定)を、建造物侵入の疑いで、私立大3年の男子学生(22=東京都東久留米市)を逮捕した。逮捕は22日。東京地検は24日午後、男子学生を処分保留で釈放した。

 保安課によると、2人はそれぞれ、アイドルグループ「HKT48」や声優アイドルのイベントなどで知り合ったファン仲間らのキセル乗車を助けるため、東京駅構内で入場券を渡す「迎え」や「MK」と呼ばれる行為を繰り返していた。

 会員制交流サイト(SNS)を通じてファンと連絡を取っており、同課は全国のライブやイベント開催時に、同様の手口でキセル乗車が横行していたとみて調べている。

 山本容疑者は「声優アイドルの追っかけ仲間の交通費を浮かせるためにやった」と供述。男子学生は「1回当たり2000~3000円の報酬で、150回くらいやった。ファンによるキセル乗車のネットワークは数百人に及ぶ。手助けする人物が福岡、大阪、名古屋などにもいる」と話している。

 山本容疑者の逮捕容疑は9月11日、広島駅から新幹線に乗車した長野県上田市の会社員の男(22)ら2人に東京駅で同駅の入場券を渡して改札を抜けさせ、運賃1万8040円の支払いを免れさせた疑い。

 男子学生は9月17日、岡山駅から新幹線に乗車した岡山県津山市の会社員の男(26)に東京駅の入場券を渡して、運賃の支払いを免れさせる目的で、東京駅の改札内に不正に立ち入った疑い。入場券2枚を改札に通して入場しようとした際、駅員が気付き、110番して発覚した。(共同)