国際障害者デーの3日、日本財団は、聴覚障害者向けに提供している電話リレーサービスを活用した公衆電話「手話フォン」を羽田空港に設置した。国内初で、本年度中に乗降客の多い成田など4空港で設置を目指す。

 リレーサービスは、聴覚障害者がパソコンやスマートフォンなどを使い、オペレーターを介して手話で会話できる仕組みで、財団が2013年から提供。手話フォンは、2つある国内線旅客ターミナルの2階出発ロビーに設置され、毎日午前8時から午後9時まで無料で利用できる。

 同日開かれた式典で全日本ろうあ連盟の長谷川芳弘副理事長が、6月に愛知県沖で聴覚障害者4人が乗ったボートが転覆し、リレーサービスを利用し救助された事例を紹介。「私たちにとって情報にアクセスすることは、社会に参加するだけでなく、命もつながる大事なことだ」と訴えた。

 石井啓一国土交通相は「バリアフリー化の重要性が、羽田の利用者を通じて広く全国に理解が深まることを期待している」とあいさつした。(共同)