7日午後8時半ごろ、東京都江東区の富岡八幡宮境内付近で、宮司の富岡長子さん(58)ともう1人の女性が切り付けられて死亡した。富岡さんの弟(56)も死亡。八幡宮専属の男性運転手も切り付けられて軽傷を負った。警視庁は、富岡さんの弟が長子さんと女性に切り付け、自殺を図ったとみて詳しい状況を調べている。

 同庁は神社内で何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べるとともに、身元の確認を急いでいる。事件直後「刃物を持った人がいる」と110番があった。

 警視庁によると、現場近くには血の付いたサバイバルナイフや日本刀があった。同庁が関連を調べている。警視庁は8日未明、死亡した3人は同区富岡1丁目の路上などで、それぞれ頭部や腹部などから出血し、あおむけの状態で見つかったと明らかにした。

 現場は東京メトロ東西線の門前仲町駅から東に約400メートルで、マンションや飲食店がある。

 富岡八幡宮は1627年創建。毎年8月の「深川八幡祭り」は、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭り」の一つとされ、見物客が水を浴びせる「水掛け祭り」として親しまれている。

 創建時から徳川将軍家の保護を受け、1684年から春と秋に勧進相撲が行われてきたことでも知られる。1900年には歴代横綱のしこ名が刻まれた「横綱力士碑」が建立、今年6月には第72代横綱稀勢の里関も刻銘式に出席した。

 富岡八幡宮は「詳しいことが一切分からないのでお話しすることはできない」としている。(共同)