女性に酒を飲ませて眠らせ、安全ピンとフェルトペンで尻に入れ墨をしたとして、警視庁上野署は5日、傷害の疑いで東京都目黒区、職業不詳小林直広容疑者(43)を逮捕した。

 上野署によると、小林容疑者は容疑を認め、「自分の女だということを示したかった」と供述。入れ墨は5カ所あり、いずれも名前のイニシャル「N」をかたどっていた。「他の女性にもやった」と話しており、同署が捜査している。

 逮捕容疑は、昨年11月15日午前1~2時ごろ、台東区秋葉原にあるビル一室で、当時19歳の女性にテキーラやウオッカなどを飲ませて昏睡(こんすい)状態にし、安全ピンで尻を突き刺しながらフェルトペンでなぞって黒インクを染みこませ、傷つけた疑い。

 女性は当時、小林容疑者が投資したというメイド喫茶でアルバイトをしており、事件前日夜から一緒に飲酒していた。被害に気付き、上野署に届け出た。(共同)