歌手安室奈美恵のコンサート入場券を転売目的で不正入手したとして、京都府警は11日、詐欺の疑いで、国内最大手のチケット転売サイト「チケットキャンプ」を運営する「フンザ」(東京都)の笹森良元社長(38)と大阪市の転売業者3人を書類送検した。

 3人は2015年以降、同サイトで転売を繰り返し、計約32億円を売り上げていたという。ネットを通じたチケットの高額転売で、サイトが摘発されたのは全国初。

 書類送検容疑は共謀し、昨年4月10日ごろ、他人名義を使い、転売目的でコンサートの電子チケット2枚計1万9600円を購入した疑い。サイトには計3万4000円で転売していた。

 フンザは一般の出品者から手数料を徴収する一方で、利用者を増やす目的で売上額の高い出品者に対しては手数料を無料にする優遇措置を取っていた。府警は不正転売が助長された可能性があるとみている。書類送検では、検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 笹森元社長は容疑を認め、「不正入手されたチケットが出品され、業者に優遇措置を取っていたことは間違いない」と話しているという。

 業者がチケットキャンプを通じて転売を繰り返していたため、府警が昨年12月末、関係先としてフンザを家宅捜索。兵庫県警も別の商標法違反などの疑いで同社を家宅捜索していた。

 フンザは、会員制交流サイト(SNS)「mixi」で知られるミクシィ(東京都)の子会社。同社はチケットキャンプの事業を5月末に終了すると発表している。

 チケットの高額転売を巡っては、サザンオールスターズなどのアーティストや音楽業界団体が、転売に反対する共同声明を出している。(共同)