転売が禁じられている韓国の人気男性デュオ「東方神起(とうほうしんき)」のコンサートチケットを転売目的に購入したとして、兵庫県警サイバー犯罪対策課が、詐欺容疑で福岡県内のチケット業者2社の男2人を逮捕する方針を固めたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。男らは購入したチケットをチケット転売サイト「チケットキャンプ」で販売していた。

 兵庫県警は昨年12月、ジャニーズ事務所が持つ商標を不正使用したとして、商標法違反容疑などでチケットキャンプの運営会社「フンザ」(東京)を家宅捜索。この際にも男らに関係する資料を押収したという。

 捜査関係者によると、男らは昨年11月に東京ドームで開催された東方神起のコンサートチケットをだまし取った疑いが持たれている。県警は11日、2社を家宅捜索した。(共同)