熊本県は11日、中国企業と連携して、県のPRキャラクター「くまモン」のイラストをあしらった自転車5万台を現地のシェアサービスで使用すると発表した。人気キャラで熊本ブランドをアピールする狙い。導入は16日から1カ月間の予定で、計1億回の利用を見込んでいる。

 県によると、上海や北京などで1000万台以上の自転車シェアサービスを提供している「ofo」と連携する。企画に協力したサイバーソーシング(熊本)のスティーブ・チャン社長は11日、蒲島郁夫知事と面会し「くまモンは中国でも人気だが、熊本県の知名度は低いので広めたい」と説明した。

 期間中は、利用者が申し込み時に使うスマートフォンのアプリにくまモンが登場したり、インターネット上でくまモンが自転車に乗って熊本城や黒川温泉といった観光地を巡る動画を公開したりする。(共同)