新潟県三条市のJR信越線踏切で普通電車(4両編成)が雪のため立ち往生したトラブルで、電車は線路の除雪作業が終わった12日午前10時半ごろ、約15時間半ぶりに運転を再開した。乗客約430人は11日午後7時ごろから車内で一夜を明かした。

 この影響で信越線羽生田駅でも、後続の上り特急電車と普通電車が停止。乗客計約400人が車内に一時残され、JR東日本がバスを手配し代替輸送した。東三条駅と見附駅でも客を乗せたまま後続電車が止まった。

 立ち往生した電車は新潟発長岡行きで、現場の踏切は東光寺駅から帯織駅の方向に約300メートル。消防によると、乗客の40代男性と10~20代の女性4人の計5人が体調不良を訴え、男性が病院に搬送された。

 JRによると、立ち往生した電車はトイレがあり、停電せず車内灯や暖房も動いていた。同社は乗客を降ろさず「暗い中、外は雪が積もっており、安全を優先した」と説明。バスやタクシーによる代替輸送は見送った。12日午前4時ごろには、家族が車で迎えに来るなどした一部の乗客が降り、避難を始めた。

 石井啓一国土交通相は12日、乗客の救助や運転再開に時間を要したことを検証するようJR東日本に指示したと明らかにした。JRは「県内全域で降雪量が多く、除雪車の手配も含めて作業に時間がかかった」としている。

 新潟県内の信越線は、11日から雪でダイヤが大きく乱れたため、乗客が集中していた。

 JR東日本は当初、立ち往生した電車の乗客数を約600人と発表したが、その後に約430人と訂正した。(共同)