12日正午ごろ、大阪府岸和田市上松町の2階建て住宅で「母が父を殺したらしい」と男性から110番があった。岸和田署員が駆け付けると、住人の無職国貞朝男さん(79)が血を流して倒れており、現場で死亡が確認された。同署は殺人の疑いで同居する妻の恵子容疑者(77)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月8~12日の間に、自宅で朝男さんの上半身を刃物のようなもので複数回刺して殺害した疑い。「夫と口論になってかっとなって殺した」と容疑を認めている。

 岸和田署によると、朝男さんは恵子容疑者と2人暮らし。1階和室の布団の上にパジャマ姿でうつぶせに倒れ、全身に複数の刺し傷や切り傷があった。

 12日午前11時ごろ、恵子容疑者から50代の長男に「夫を刺した」という趣旨の電話があった。市内に住む長男が駆け付け、玄関が施錠されていたため窓から室内に入ると、布団で朝男さんが倒れ、そばに恵子容疑者がいたという。

 現場はJR阪和線東岸和田駅から東へ約1・2キロの住宅街。(共同)