福岡県警は13日、太陽光発電所建設工事を巡り、自身の会社と関係する業者から現金約300万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで同県中間市の市議米満一彦容疑者(76)と建築会社社長中野次夫容疑者(70)を逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 2人の逮捕容疑は、共謀して2016年6月上旬ごろ、工事を発注した広島県の資材搬入業者の男性に対し「金を支払わないと工事を妨害する」という趣旨の電話やメールをして、約300万円を脅し取った疑い。

 県警によると、中野容疑者は工事の2次下請けで、米満容疑者が社長を務める建築資材会社がコンクリートを納入。中野容疑者の会社がコンクリート代金を支払えなくなり、男性から脅し取ろうと計画した。県警は関係先を家宅捜索するなどし、詳しい経緯を調べる。

 捜査関係者によると、米満容疑者は特定危険指定暴力団工藤会の前身団体の元組幹部。県警は米満容疑者らが工藤会の存在を背景に恐喝した疑いもあるとみて捜査する。

 米満容疑者は1995年に初当選し7期目。(共同)