兵庫県警サイバー犯罪対策課は31日、転売目的を隠し韓国の人気男性デュオ「東方神起(とうほうしんき)」の公演チケットを買ったとして、詐欺の疑いで、いずれもチケット販売業で福岡県久留米市の奥田慎也容疑者(44)と福岡市博多区の戸次一就容疑者(44)を再逮捕した。

 県警によると、2人はインターネット上で、コンサートなどのチケットを購入し約1・2倍の価格で転売サイト「チケットキャンプ」への出品を繰り返していた。2015年から昨年にかけ約1800万円を売り上げていたとみられ、県警が詳しく調べている。

 再逮捕容疑は昨年9~12月、東方神起の大阪公演のチケット8枚(計約10万円)をチケット購入サイトからだまし取った疑い。(共同)