将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が、史上初の中学在学中の五段昇段を果たした。1日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた第76期名人戦・順位戦C級2組9回戦で梶浦宏孝四段(22)を下して9連勝。単独首位を守り、最終10回戦を待たず、C級1組への昇級を決めた。同時にC2からC1に上がれば即日昇段という規定を満たし、五段に昇段した。

 中学生でプロ四段としてデビューした棋士は、加藤一二三・九段(引退)に谷川浩司九段、羽生善治竜王、渡辺明棋王と4人いる。いずれも在学中に昇段はならなかった。C2を突破するのに谷川と羽生は2期、渡辺は3期かかった。それを上回るスピード昇進だ。

 藤井の場合、プロ棋士養成機関「奨励会」の三段リーグも1期(半年)で突破、C2も1期で突破のおまけ付き。C2の1期抜けなら前期の近藤誠也五段、前々期の青嶋未来五段ら、平成の世の中になって5人いる。ただし、三段リーグ、C2と連続1期抜けとなると、1989年度の第48期の屋敷伸之九段以来となる。

 藤井は現在、第11回朝日杯オープンでベスト4に進出している。17日に行われる準決勝、決勝に勝って優勝すれば、「五段昇段後、全棋士参加棋戦で優勝」の条件を満たして、六段になる可能性もある。