香港・新界地区で10日、2階建てバスが横転する事故があり、18人が死亡、60人以上が負傷した。中国国営通信の新華社が伝えた。在香港日本総領事館は日本人が巻き込まれたとの情報はないとしている。

 バスの車体が大きく破損し、窓ガラスも粉々に割れた。当局が乗客の救助を急いでいる。

 地元メディアによると、バスは沙田競馬場を出発し、競馬を観戦した人々が多く乗っていたという。乗客はバスが予定時刻を過ぎて発車したと証言。運転手は出発が遅れたことで乗客と言い争いになり、走行中に急に速度を上げたり、猛スピードでカーブを曲がったりするなど荒い運転をしていたという。(共同)