漫画「北斗の拳」などの原作者として知られる武論尊(本名岡村善行)さん(70)が塾長を務める「武論尊100時間漫画塾」の開塾式が15日、出身地の長野県佐久市の「佐久平交流センター」であり、プロデビューを目指す県内外の塾生31人が決意を新たにした。

 武論尊さんが「自分を信じて、プロに向かって一緒に頑張りましょう」とあいさつし、一人一人に塾生証を手渡した。式典後に早速、「タッチ」作者のあだち充さんが座談会形式で講義した。

 漫画塾は武論尊さんが地元への恩返しにと企画。交流のある漫画家や編集者の講義が1年間で20回予定されている。

 109人の応募があり、作品審査と面接を経て15歳の高校生から35歳までの男女が入塾。商業誌に読み切り作品が掲載された人もいるという。

 塾生で同県須坂市の小林日南子さん(22)は「地元で漫画家を目指せて光栄。来年の新人賞を目指して頑張りたい」と意気込みを語った。武論尊さんは「伸びしろのある子ばかりで、どう成長するか楽しみ。結果を出して、まずは10年続く塾にしたい」と話した。(共同)